相模原市さくらさくプロジェクトとは

このプロジェクトは、相模原市シティセールスの重点戦略である「桜の普及」を目的として、市内公益5団体(相模原市観光協会、相模原市産業振興財団、相模原市都市整備公社、相模原市みどりの協会、相模原・町田大学地域コンソーシアム)の発起の下、平成25年7月11日に立ち上がりました。桜の普及を通じて、桜を愛し桜に思いを寄せる市民の皆さまが、桜にいろどられた相模原市を誇らしく思い、そこで過ごす時間を大切にされ、それぞれの人生を美しいまちの姿に重ね合わせるような、魅力的なまちづくりへ寄与することを目指しています。
このたび、プロジェクト最初の取組みとして、「相模原市さくらマップ」を刊行しました。このマップには市内の主な桜の見どころ20か所を掲載しています。ぜひお手に取って各所の見どころをめぐっていただき、桜とともに皆様の笑顔も満開になることを願っています。このほかにも市内には多数の桜の見所がありますので、相模原市さくらさくプロジェクトのホームページを通じてご紹介してまいります。
私たちは、今後も桜の魅力を市民の皆さまへお届けできるよう、さまざまな取組みを検討してまいりたいと考えております。皆さまのあたたかいご支援・ご協力をお願い申し上げます。

相模原市さくらさくプロジェクト推進協議会会長 古矢 鉄矢